大阪で震度6の地震

電車を降りて、改札を出たところで地震にあいました。
これより早くても遅くても、電車の中にしばらく閉じ込められていたでしょう。

「ドン!」という衝撃があり、立っているのが不安になるくらい。それからスマホの緊急地震速報のアラームが鳴りました。直下地震だったので、アラームが間に合わなかったのですね。
仕事は休みになりましたが、電車が止まっていて自宅に帰ることもできません。梅田には、そんな”帰宅難民”がたくさんいました。商店も臨時休業のところが多かったのですが、丸善ジュンク堂は開いてました。

01

出勤できた従業員が少ないのでしょう。棚から落ちた本がまだ散乱していました。

道路に亀裂ができている場所もありました。


02

地震発生は午前7時58分でしたが、お昼を過ぎても電車が動かないので、歩いて帰ることに。中津駅には誰もいない電車が止まっています。道には歩いて淀川を渡る人がたくさんいました。

03

余震も続いていますが、これ以上被害が広がらないことを願います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽の祭日2018

 万博公園にある民族博物館では、毎年この時期に「音楽の祭日」を開催しています。世界のいろいろな音楽を楽しもうというイベントで、プロ・アマ問わずいろいろな出演者の演奏を無料で聞くことができます。

今年、メイン会場が講堂に変わりました(去年までは、特別展示室の特設ステージ)。ゆったりと椅子に座って落ち着いて聞けるので、こちらの方が良いです。

01

朝から夕方まで、2つの会場を行ったりきたりして、聞いていたのですが、その中で特に良かった3グループを紹介します。

まず、Pookaさんです。2人組でイーリアン(バグ)パイプ、小さなハープなどの楽器でアイルランド音楽を演奏してくれました。郷愁を誘うメロディでした。
Bicho Papaoさんは、ブラジル発祥のボサノバ音楽。ブラジル音楽というとサンバのリズミカルなものを思うのですが、ボサノバはとても洗練されたお洒落な音楽でした。
パンチアウト・スチール・オーケストラは、ドラム缶を楽器にしていて、最近はやってるよね。これでちゃんと音階が出せるのが不思議です。日本には2人くらい調律師がいるとのこと。とても楽しそうに演奏してくれました。


02
そして、サブ会場のトリは今年もダルマ・ブダヤです。インドネシア舞踊との共演もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマホのガラスフィルム修理

スマホのガラスフィルムが欠けてしまいました。

少しづつ広がっていくようなので、「なんとかしなきゃ!」と思って、たまたま100均で見つけたコレを使ってみることに...

P6162705_2


UVレジン液です。透明な液体で、紫外線を当てると(普通に部屋の光で)固まります。100均では、趣味用品として売っています。
やり方は、
 ① 塗りたくない部分に液がはみださないように、マスキングします。私は紙をセロテープで止めました。
 
 ② 液を欠けた部分にたらします。あまり多く塗りすぎない方がいいです。(少なければ、あとで足せばよい)

 ③ 細かなところは、筆を使ってもいいです。

 ④ あとは、光を当てて(日中、部屋の中においておくだけでもよい)待つだけ。


これで完成です!!



 BEFORE   ⇒    AFTER  は、こんな感じ。

P6162704_2


元通り、、、とはいかないけど、まあまあの出来栄えでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝鮮半島の南北統一

 今週、史上初めての米朝首脳会談が行われました。

北朝鮮の非核化が実現され、東アジアに平和と安定がもたらされることを切に望みます。
その一方で、日本として気になることがあります。

この機会に、いつか朝鮮半島の統一をという声も聞こえてきます。
民族がひとつの国家となることは、悲願であることは十分に理解できるし、自分が同じ立場ならそう思うでしょう。

ただ、日本として考えておくべきことは、統一された朝鮮がどのような体制となり、国際社会の中でどのような立場になるか? ということです。
地勢的にみて、統一朝鮮は、東側に寄り添うしかないと思います。
なぜなら、中国やロシアの影響力は絶対だからです。
つまり、いま38度線にある東西の境界線が、日本海に移ってきます。日本は最前線に出るしかありません。


その時に、日本はどうするのか? これ以上アメリカは援助してくれないでしょうから、軍備をもっと増強するのか。それとも平和憲法の下、別の道を模索するのか?
いまから考えておいた方がよいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の「半分、青い」

NHK、朝の連続テレビ小説「半分、青い」

おもしろいですね! 朝ドラを毎日見るのは大人になってから初めてのことだけど(これまでは仕事が忙しかったから)、毎日「次はどうなるのだろう?」とワクワク。
これまでの朝ドラもこんなに面白かったのか(それなら見てこなかったのは大失敗)、それとも「半分、青い」が特別なのか?
今週はいきなり、鈴女と律が離れてしまうことに...!!


「律がいなくなると、足元の地面がなくなるようで怖い」という鈴女に
「おそいよ、鈴女。もう、おそい」と律。

青春だな~、朝から胸キュンキュンです。
”おそい”というのは、何が遅いのでしょうか。
清(さや)さんに言った言葉は戻せないという意味なのか、鈴女が自分の気持ちに気付くのが遅いという意味も含まれているのか...

でも、この恋愛モードはしばらくお休みのようです。今週のタイトルは「デビューしたい!」
正人くんに振られ、律にも距離を置かれた鈴女は仕事に集中!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら通りのモニュメント

 池田駅から五月山公園に向かう道、「さくら通り」には車や船などを模したと思われる造形が、歩道に置かれています。

 
 今日は、うちのペンギンに案内してもらいましょう!

Pg_0602_2  Pg_0605


Pg_0606  Pg_0618

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山旅行で撮った写真

Img_0771s

倉敷の美観地区にて。のれんの前にさりげなく置かれた自転車。

P5272686s

岡山城天守閣から眼下に後楽園を臨む。

P5272694s
後楽園で川を渡る石組み。

P5272673s
吉備津神社の回廊。

P5272676s
吉備津神社の中にあった昔ながらのま~るいポスト。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

後楽園、岡山城に行きました

日本三名園と言えば、偕楽園、兼六園、後楽園。ですが、
今まで行ったことがなかったのが後楽園。

Photo_6

とにかく広くて開放的。和の趣のある庭園ですが、西洋的な感じもして、ちょっと他の2つの庭園とは違います。



Photo_7

岡山城は、もともと宇喜多秀家の居城。関ケ原の戦い後は、西軍を裏切ったとされる小早川秀秋が入りました。二人のことは知っていたけど、岡山との関わりは全然知らなかった。
来てみないと知識として身につかないものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

造山古墳に行きました

Photo_2

岡山市にある造山古墳は、5世紀後半に造営された前方後円墳です。全国で4番目に大きな古墳。

写真では背景の山と重なってわかりにくいですが、円錐のような形が見えますか? ここが”後円”の部分です。天皇陵と違って、古墳に登ることができます。

Photo_3

上に立つとこんな景色です。


Photo_4
最近、邪馬台国の本を読んだところだったので、古墳に興味をもちました。よく調べずに来たので、最初は総社市にある作山古墳に行ってしまいました。でも、そちらも全国10番目の大きさだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刀剣の見方 加州清光をみた

最近、刀剣ブームだって、知ってました??
理由は、刀剣の名前を称した武士が活躍する「刀剣乱舞」というゲームが流行っているからだそうです。
加州清光は一見、チャラそうだけど、戦闘では勇ましいキャラクターです。

さて、岡山県立博物館で開かれている「サムライアーマー甲冑展」を見てきました。

Photo_5

岡山(備前、備中、美作)は、刀鍛冶が盛んだった地域。
刀なんてどれも似たようなもの...と思っていたけど、よく見ればいろいろ違いがあって面白い。

形状(造込み)や反り、模様。

日本刀は鉄を繰り返し鍛錬して作りますが、このときにできる模様が「鍛え肌」といいます。また、焼き入れのときに地鉄と刃の境目にできる模様を「刃文」というそうです。


加州清光は、越前の刀工が銘を刻んだ刀で、沖田総司も使っていました。展覧会で見た加州清光は、細身でかっこよく、互の目の刃文が綺麗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«大原美術館に行きました