近大で試験をうけました

 図書館司書の資格を取るために勉強しています。

今日は、科目試験を受けるために近畿大学に行きました。近鉄大阪線の長瀬駅で降りて、駅前商店街を人の流れにのって進みます。日曜なのに大学に向かう人が多い。
 西門から入って、掲示板に書いてあった試験会場に向かいます。
Img_3305

Img_3304

 試験はまあまあの出来。合格レベルであれば、その教科の単位が貰えます。最近ちょっと勉強のペースが落ちてきているので、また頑張ってレポートを出さなくては!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法隆寺と東大寺

 久しぶりに法隆寺と東大寺に参拝しました。
法隆寺は数十年ぶり。この間、斑鳩の里も近代化が進みました。以前はといえば、本当に鄙びた何もない町だったのに。

116

120

 これらの寺院が創建された奈良時代は、大和の国家創成時期で、天皇が政治の中心となり、いろんな豪族が栄枯盛衰を繰り返していたころ。日本書紀は権力を握った藤原氏が編纂したもので、史実を正しく伝えているとは限らない。そんなところにも、古代史のロマンを感じる。

170

 美術鑑賞としても面白い。天平時代の仏像や彫刻は、どこか人間的で芸術性も高い。今回は時間があまりなかったので、また行ってみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんぱく音楽の祭日

 万博公園内にある民族学博物館での恒例行事、「音楽の祭日」がありました。世界のいろいろな音楽を演奏しているアマチュアのみなさんが集う、無料のコンサートです。

 音楽は文化そのものだと思います。聞いていると、その国(地方)の情景が浮かんでくるような思いがします。
 その中から、3つのグループを紹介します。
チャンドラ・バスカラ/パドマサリ/アルジュナ・スリカンディ
 3グループの混成チームで、バリ舞踏とガムラン音楽を披露してくれました。楽器の音が複雑にからみあって、音が次々と湧き出てくるような感覚を覚えました。
 一人、踊りが特に上手な方がいて、TVCMにも出ていると紹介されていましたが、すごかったです。バリダンスは首が横に動くような動作が特徴ですが、そのの動きや、目、手の指先までの動きがなめらかで、華やかで繊細で、綺麗でした。
RED-B  ジェンベ アンサンブル
 中津にある太鼓教室のメンバーだそうです。ジェンベというのは西アフリカの太鼓です。10人くらいの編成だったので、迫力があって圧巻でした、
 先生が叩くのに呼応して、生徒のみなさんが叩いていく、という場面もあったのですが、「そんなに早く打てないよ!」とか言う声が聞こえてきそうな感じ。でも、みなさん楽しそうに叩いていました。
ダルマ・ブダヤ
 エントランスホール会場のトリを飾ったのが、ジャワガムランのダルマ・ブダヤでした。歌の楽曲が中心で、バリガムランとは違って、ゆったりとした時間が流れていきました。
2017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京橋でラーメン③ 煮干しラーメン「玉五郎」

 第1回で紹介した「亀王」さんの向かい側(JR京橋駅側)にあるお店です。

Img_3282

 麺が中太、ちぢれ麺でもちもち。スープは、店名に「煮干し」と銘打っているだけあって、和風だしがきいていてコクがある。このスープなら、メニューにもあるけど、つけ麺も美味しいと思う。
 美味しかったけど、総合点で言うと、まあ普通です。何度も通おう!というほどではありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「神様からひと言」はお蔵入り?

 本当は今日から放映される予定だったNHKの土曜ドラマ、「神様からのひと言」。主演の小出恵介さんがFRIDAYにスクープされたことで、急遽放送中止になりました。
Img_3281
 このドラマは、玉山食品でクレーム対応をすることになったサラリーマン佐倉が、苦労しながら成長していく姿を描いています。
 番宣で佐倉役の小出恵介さんは、空気が読めない佐倉と比較して、「自分はいの一番に空気を読む人間ですけど」と言ってます。空気を読んでいたら、あんな事件を起こして放送中止なんてことにはならなかったのでは?
 同じく、番宣ではクレーム対応の極意として、D言葉の代わりにS言葉を使おう! ということが紹介されています。

 D言葉、 「だけど」「ですから」「でも」


 その代わりに、S言葉、
「失礼しました」「すみません」「承知しました」

 を使うと、お客様に寄り添った対応ができる。
というものです。面白そうなドラマですね。


代わりのドラマは、「幕末グルメ ブシメシ」。でも、このドラマは既にBS放送で見てしまいました。「神様からひと言」見たいなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友ケ島に行きました

 前から離島に行きたいと思っていたのですが、最近は「離島ブーム」ですごい人なんだそうです。今回行ったのは和歌山にある友ケ島。和歌山と淡路島の間にある島で、加太港から約30分の船旅で着きます。この日は天気も良く、空と海の青さが目にまぶしい!!
 
 砲台跡や灯台をめぐって、帰りの船までの2時間ほど、散策を楽しみました。 
Tomo1991_2

Tomo1987

Tomo2006

Tomo2015

Tomo2018

Tomo2029

 加太に戻って、淡島神社前にある「海幸商店」で名物のわさびスープをぞうすいで食べました。鯛の骨を何日も煮込んだ出汁のスープで、コラーゲンたっぷりという宣伝文句でした。おいしかった。そのあと、ひなたの湯で温泉につかりました。絶景です!!

_3262

_3263

_3267


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャワ影絵芝居

 ジャワの影絵芝居「ラーマーヤナ」を見てきました。ジャワからきた通称ナナンさんと、ガムラン演奏グループTidak apa-apaのコラボ演奏会が、中津にあるアジア料理バル「マルコノスタルジ」でありました。
Img_3228
 歌が入ったジャワ音楽の演奏があった後で、影絵芝居が始まりました。ジャワでは、観客が影絵の側と、人形の側を行ったりきたりしながら見るそうです。最近は、観客席が人形側に設けられていることが多いとのことで、今日もそうなっていました。影絵といいながら、人形にはちゃんと彩色してあります。

Img_3234_2
 「ラーマーヤナ」は、ラーマ王子がさらわれたシータ姫を取り戻すというお話です。こちら側からみていると、人形遣いのナナンさんが、どのように扱っているかがよくわかります。人形をいくつも扱い、時には投げ上げたのをまたキャッチして、すごいです。
 一方、影絵の方を見ると、ものすごく細かな模様が彫ってあって、すごく綺麗です。

Img_3244



| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館司書の勉強中

 図書館司書の資格を取ろうと、大学の通信教育で勉強を始めました。想像していた以上に大変です。

 余裕をもって一年間で取りたいと思っているので、4月の入学以来、スタートダッシュをかけています。通勤の電車の中や休日に勉強して、これまでに3教科のレポートを提出しました。結果は、
「図書館情報資源概論」 ・・・  合格
「情報組織資源論」    ・・・  再提出
「情報サービス論」    ・・・  採点待ち
でした。再提出の科目もありますが、先生がどこを直せばよいかを具体的にコメントしてくれているので、やる気が出ます。
レポートを書くために、たくさんの参考図書を読まなくてはならないので、自宅のある池田市図書館と、勤務先近くの図書館に通って、両方から本を借りています。
今日は、科目終末試験を受けました。レポートと試験が合格すると、その科目の単位が貰えます。試験は、自宅でインターネットを介して受ける方法と、大学やサテライト会場に行って受ける方法から選択できますが、今日は自宅で受けました。


テキストを見ても良いので余裕に思っていましたが、問題の趣旨を読み解くのに時間がかかって、制限時間ギリギリまでかかってしまいました。合格できたら良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うな重を食べる

 暑くなりましたね。西日本では気温が30度近くなり、もう半袖シャツでないと、外を歩けません。そんな季節に食べたくなるのが「うなぎ」。

 昔はスーパーでも、もっと手ごろな値段で売っていたのに、いまはとても高くなりました。それなら、お店で食べた方がよいって気がします。
 今日、紹介するのは、うどんや丼ぶりもので全国にチェーン店がある「なか卯」さんです。
Img_3223

うな重、790円です。うなぎのかば焼きが一切れ入っています。これで、「うなぎを食べた!」という満足感は得られます。もっと食べたいという方は、特うな重、1190円がお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翻訳アプリ ボイストラ

 いろんなアプリが出ていますが、無料で結構使えるのが「ボイストラ」です。
まず、マイクに翻訳してほしいフレーズを話しかけます。すると、それに応じた英語など、外国語を発音してくれ、画面に翻訳文と「翻訳の意味」~こんな風に翻訳しました、という日本文が表示されます。
試しに、ちょっと意地悪して訳しにくい文を入れてみました。結果は画面の通りです。まあ、何とか気持ちも通じるかな?
Img_3191
ネットにつながればどこでも使えるので、海外旅行でも役立ちそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«京橋でラーメン② ちらん